Jr.の東方小説ブログ

新潟在住の東方ファンが自筆小説を公開するブログです。 週一程度の公開を予定しています。あとは徒然なるままに雑談でも。 ニ、三日に一度更新出来たら理想ですね。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミクさん、大地に立つ

ニコニコからの話題。

ピックアップもされていたので既に観た方もいらっしゃるかもしれませんが、こんな動画がありました。




一言で言うと……凄いです。

このロボット、どこかの企業から発売されていると思った方も多いでしょう。私も最初はそう思いました。

しかし、これは個人が一から製作したロボットなんです。

……いや、これだけで十分凄いですよ? 製作者様自らパーツを集めて、設計図を描くところから始めているようですから。やってることはプロとほとんど同じです。


で……本題はここからです。

この動画をコメント付きで見ると、「怖い」「不気味」との声が目立つことが分かります。

閲覧者様の中でもそう思われた方がいるかもしれません。

実はこれ「不気味の谷」と言って、科学的根拠のある現象なんです。


不気味の谷とは。ある創作物などが実在の物に近づいていく過程で、ある程度リアルになると同時に、抱く嫌悪感のことです。

これを克服するとまた人から見た高感度が上がるのですが、それはほぼ写実的なリアルが求められます。名画「モナリザの微笑み」も、人によっては不気味に映りますからね。

この動画の「ダンシングドール」も、多くの人から不気味と言われるように、不気味の谷に陥っているようです。

しかし私は、この動画に対して不気味というのは少々見当違いだと思いました。

多くの人が不気味だと言ったのは、ドールの頭部、つまり顔立ちや表情のことであり、それはドールならではの表情でしかありません。つまりいたって普通なのです。

そもそもドール自体が好き嫌いの大きく分かれる芸術ですので、それを不気味と思うのは自然でしょう。

でも、この動画ではタイトルですでにドール型であると宣言しているのですから、不気味だという感想は場違いでしかありません。

それより目を見張るべきは、二足歩行ロボットがここまで細かい動きでダンスをしているということです。

私はかつて、市販キットでロボットを作っていた時期があったのである程度は理解してますが、ロボットに二足歩行させるというのはかなり高度な技術が要求されます。

椅子の足を連想してください。もっとも多一般的なタイプは足が4つついているでしょう。

ちょっと変りものだと3つ足がついている椅子もあります。

しかし、2つの足が付いている椅子はあまり見かけませんね。これは、バランスが悪く不安定なためです。

ベンチなどは2本足と言えますが、その代わり床に面する部分の面積を広くしてバランスを取っています。

床に面する部分の面積が小さいとき、物は設置部が3つ以上ないと安定しません。

そのため、私たちが普段何気なくこなしている「2足歩行」は、実はかなり高度な技術なんです。

これをロボットにさせるためには、足となる部位と動力の源であるモーター、それと「ジャイロセンサー」と呼ばれるパーツが必要不可欠です。

ジャイロセンサーとは、物の傾きを感知するセンサーで、独楽や自転車に近い構造の物です。

これらのパーツの良しあしでどれだけうまく二足歩行できるかが決まるんですよね。

数年前までのロボットは、歩いたり小走りしたり、ゆっくりとしたダンスをするのが精一杯でした。

しかしこの動画では……結構動いてますねー。

個人製作とは思えない、否、プロの世界でもトップクラスのダンスをこなしているではないですか。

この動画を見て、素直に凄いと感動してしまいました。



現在のロボットとは70年代のPCに近い状態だと思うんですよ。

70年代のPCと言いますと、真空管の代わりとなるトランジスタが発明されたことにより、コンピュータ機器が一気に小型化した時代です。

それまでの部屋一つ分のスペースで書庫のように立ち並んでいたスタイルから、今のデスクトップタイプに近いスタイルへと変わった頃です。

まだ一般人には扱えず専門家が使用することが多かったですが、まさしくそれが今のロボットの状態だと思うんです。

ということはもう数十年たつと、このダンシングドールやそれ以上のクオリティを持つロボットが、今のパソコンのように我々一般人まで普及する日が来るのかもしれません。

そんな日が来ることを期待しながら、ドールミクの動画に見惚れる私なのでした。
スポンサーサイト
[ 2012/11/28 17:46 ] 雑談 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

Jr.

Author:Jr.
 
Jr.です。

趣味は東方メインですが、デュエマ、ガンプラ、ラノベにアニメと広く浅く楽しんでいるつもりです。

新潟に在住しているので、時折ガタケットや新潟東方祭に参加しています。

Yahoo!知恵袋でも活動中。Myページはこちら


お気に入りのライトノベル

・生徒会の一存
・デート・ア・ライブ
・涼宮ハルヒの憂鬱
・とある魔術の禁書目録
・僕は友達が少ない
・バカとテストと召喚獣
・キノの旅
・学園キノ
・ささみさん@がんばらない
・灼眼のシャナ
・ノーゲーム・ノーライフ

最近見たアニメ

・ジョジョの奇妙な冒険
・ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース
・進撃の巨人
・デート・ア・ライブ
・ささみさん@がんばらない
・僕は友達が少ないNEXT
・リトルバスターズ!
・リトルバスターズ!~Refrain~
・機動戦士ガンダムUC
・魔法少女まどか☆マギカ
・とある科学の超電磁砲
・とある科学の超電磁砲S
・とある魔術の禁書目録
・とある魔術の禁書目録Ⅱ
・化物語
・偽物語
・猫物語(黒)
・物語シリーズセカンドシーズン
・日常
・Steins;Gate
・Robotics;Notes
・ストライク・ザ・ブラッド
・ノーゲーム・ノーライフ
・まおゆう魔王勇者
・Fate/zero
・Fate/staynight[Unlimited Blade Works]

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。